3月11日は我が家の防災訓練日(常備品の確認)

広告

2011年3月11日東日本大震災より9年経ちますね。

被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。復興にはまだまだ時間はかかるかと思いますが、早い復興されますことをお祈りしております。群馬県でも昨年2019年台風19号で被害に遭いました。もし、近所の利根川が決壊していたらもっと被害は大きかったでしょう。

ここ数年は地震や台風など自然災害が多発しています。さて、当方は毎年4回防災の日として備蓄品の確認しています。

写真は一部です。水、お米、パスタ、レトルト食費、調理用燃料など2週間分の水と食糧を保管しています。
懐中電灯、ランタン、電池です。常備していたものはリモコンの電池交換や時計の電池交換します。そして不足分を補充。アルカリ電池よりマンガン電池の方が保管にむきます。
ベッドライト(電池は単3本)、子どもはネックライト
医薬品

これらはキャンプ用品と別にしてすぐに取り出せるようにしています。日ごろから防災用品の管理しときましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました