春の訪れと迫る悪夢

広告

こんばんは。早鉄(そうてつ)てす。

今日は春の訪れとともに迫る悪夢の話です。ちょと油断したばっかりに一生後悔する話です。

閲覧注意な画像が出ますので、無理な方は辞めておいてください。ベテランの方はあー、あれねみたいな話です。

冬キャンプをやってますと、必需品が焚き火に使う薪ですね。焚き火のために冬キャンプをやっていると言っても良いぐらいです。私も大好きです。

焚き火は楽しいですねー

焚き火のあと、ちゃんと後始末してますか?使い残った薪を車のトランクに入れっぱなしにしてませんか?

1週間ぐらい経つと車のトランクからカリカリ音が聞こえて来ませんか?変な匂いがして来ませんか?

そうです。春の訪れと共に来るのが、虫の発生ですね。越冬のために薪に住みついていた虫達が一斉に活動を始めます。1週間暖かい日が続くと卵から虫たちが孵化します。カリカリ音はカミキリムシ、匂いはカメムシですね。昨日は蛾が私の車の中で飛んでました  ∑(`□´/)/ !! うわーやっちまったー

薪などをそこまま車や家に入れてしまうと、虫の発生でえらい事になってしまいますね。カメムシは1回の産卵で100個の卵を産み、1週間で孵化しますので1週間ぶりに車を開けるとカメムシだらけってホラー映画真っ青の事があり得ますよ (*´’Д’):;*:;カハッ

焚き火は楽しいですが、薪は使い切りたいですね。薪を使い残しても車の中や家の中に薪を保管しないようにしましょうね。さもないと一生消えないトラウマが残ってしまいますよ。

薪の他にも子どもがよく持ち帰ってくる木の実、ドングリとかも虫の幼虫が住み着いてる事があるからね。くれぐれも気をつけてください!!

それでは、いつも楽しいキャンプの夢見てる早鉄でした。  (*˘︶˘*)オヤスミナサイ.。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました