キャンプの魅力について語ってみた

広告

こんばんは。ABCパパの早鉄です。

今日はこれからキャンプを初めてみたいと思ってる方向けキャンプの魅力の記事を書きます。最近はキャンプブームであり、テレビアニメとかでも盛り上がってますよね。その辺を記事にしてみます。

自然を感じる

家と会社との往復ではどうしてもストレスが溜まってしまいますね。自然の中でゆっくり過ごすとリフレッシュ出来ます。別にアウトドアでなくてもリフレッシュできるって思う方も多いかと思います。

普段町の中で感じることがない四季を感じる事が出来ます。春はモノトーンの冬から植物が成長する若葉の色が良いですし、梅雨の時期は紫陽花の花に雨の音、初夏は太陽の匂いと夏風の感触、秋は鮮やかな紅葉に焼き芋の匂いですね。冬は焚き火の炎を眺めているだけで長い夜の時間を忘れてしまいます。他にも魅力が沢山有りますが、これらは家の中で感じる事が出来ない事ですよね。

食事が美味しい

太陽の下、お外でご飯を食べると何倍も美味しく感じますよね。炭火で焼肉は美味しです。焦げる音と匂いも食欲を増してくれます。考えるだけでお腹が空いてきますね。手の込んだレストランの料理も良いですが、シンプルで素材の味を活かした料理も良いものが有りますね。キャンプ場は海や山など食材が美味しいものが近くにありますので、ご当地の食材をキャンプ料理に取り入れるとより良いですね。特に秋は美味しいものが沢山です。

不自由を失敗を楽しめる

家の中では自動で何でも出来てしまいます。調理するにもIHや電子レンジ、ガスレンジも有りませんから不自由ですよね。キャンプを始めた当時はライターとか使いますが、ベテランになるほど不自由さを求めていく不思議なものです。これはキャンプのスタイルにもよります。ファミリーキャンプでは逆に不評を買いますのでソロキャンプだけにしておきたいです。

他に多いのがコーヒーを豆から挽くなど時間を掛ける事を楽しめます。平日は缶コーヒー、ペットボトルのコーヒーなのですがね。

薫製するのも良いですね。普段は手が込んだ事は出来ないですがキャンプは時間を忘れて楽しめますね。

料理も時間をかけて作ります。失敗しても外で食べると美味しいので気にしないですね。失敗するから次はもっと良くしようと工夫するのが非日常的で楽しい所ですね。最近の流行だとパン作りとかですかね。

男性だとキャンプギアにこだわるのも楽しいですよね。これは沼と呼びます。そのうち意味が分かります。

不便さ不自由さがあると楽しい事が何倍にも良くなります。例えば冬キャンプの帰りに温泉へ入る。天国ですよね。

キャンプやらない人から見れば変な事をやってるように見えるかも知れないですが、実際にやってみないと伝わらないかなと思います。簡単なピクニックでも良いと思います。是非チャレンジしてみて下さい。早鉄でした。

キャンプは他にの趣味との相性が良い

先程記載しました料理との相性は最高です。

他に良く聞くのが釣りとの相性ですね。釣りは朝方と夕方が良く釣れると聞きます。昼に現地入りテントを設営してからの夕マズメ釣り、夜キャンプを楽しんで朝マズメ釣りを楽しむのは如何ですか。釣り場の近くに泊まるって最高ですね。

他にキャンプとバイクツーリングとの相性ですかね。こちらもやってる方は多いですね。

旅行とキャンプの相性も良いですね。独身時代は車中泊旅行をしていました。宿泊無しの旅行ですとせいぜい片道100Kmぐらいでしょうか。車中泊や宿泊拠点(キャンプ場のコテージなど)を作る事で片道400Kmぐらいまで活動範囲が増えます。2泊3なら片道1000Km行けますね。

今やってる趣味にキャンプを追加して見ると良いかもしてません。是非試してみて下さい。早鉄でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました