ホームグランド的なのキャンプ場を用途別にが知っておきたい話

広告

こんばんは。ABCパパの早鉄です。

今日のブログ記事は参考にはならない記事です。まだ自分の中に迷いがあるというか、纏まってない。結論から言うと、自分のホームグランド的なキャンプ場を用途別にが欲しいって話です。

急に行きたくなった時に行けるソロキャン用(予約不要)、ファミリーで行ける高規格キャンプ場(娘からは温泉が近いとの条件付き)、場所も近くて安いキャンプ場(高難度だったりする)。春秋冬は上記のキャンプ場をホームにするとして、夏は避暑地となる標高1,000m越えの高原サイトも確保しておきたいですね。

なかなか勤務予定休みの時期が決まらない人、その日の気分で行きたい人とかいると思うのでキャンプ場情報は需要はあると思う。私はその日の気分で行くことも多いので予約不要キャンプ場を確保しています。

初めてキャンプする人は忘れ物やトラブルが予想されるのでリカバリーできる高規格のキャンプ場が良いですが、ちょっとキャンプレベルが上がって中・高難度を求めるようになれば色々なキャンプ場を選べて範囲は広くなりますよね。初心者は予約したほうが間違いなく良いよ。トップシーズンでなくても高規格キャンプ場は予約取れないことが多いですからね。ファミキャンは子どもは何かと手がかかる。和式トイレは無理だって言うし。温泉付きがいいって言うし。高難度キャンプ場でファミキャンは難しいです。

車中泊は独身時代からですので25年以上のの経験がありますが、キャンプはそこまで経験値が無いですからね。子どもが10歳だからキャンプ10年未満です。子どもが小さかったときはキャンプは回数も全然少なかったです。

ソロで車中泊なら海鮮丼食いたいって金沢港や新潟港へ行ったり、桜をみに弘前や高遠(長野県)に行ったり出来ますよね。車中泊なら高速SAや道の駅、コンビニの駐車場でも泊まれます。暑い時期は標高の高い高速SAだったり海の近くの公園に泊まったりと勝手が良かったです。

今までは。ブログを始める前までは決まったキャンプ場にしか行かなかったですが、今後は群馬県・栃木県のキャンプ場情報を集めて行きたいと思っています。見つけたキャンプ場はブログで公開していきますね。

需要が多い格安物件の情報ですと、自治体案件ですね。広告を出していないので穴場だったりします。ですが事前に書面で予約申し込みが必要だったりします。金額が格安なのは良いでが、今の時代に書面で予約って凄く面倒ですね。

夏になってくると普段はキャンプに行かない人達も一緒にいくことが増えてきます。ファミキャンも他の家族と一緒になることも想定してグループキャンプはフリーサイトも有るか調べておくのも課題と思っています。

ソロキャンも野営が最終目的ですかね。この辺を情報集めてます。群馬だったたら河川敷とかいくらでも行けそうなところはあるよね。山も野営出来そうな沢とか湖が多いし。いずれ、遠からず行く予感。

その為には野営用にテント欲しいと思ってます。周りの緑と同化できる迷彩柄。今のソロ用テントで野営はさすがに目立ちすぎですね。良いのがあったらTwitterで教えて下さいね。

今日の呟きはここまでにします。それでは早鉄でした。ばいばい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました