水害の防災・減災について

早鉄流アウトドア術
広告

こんぱんは。ABCパパの早鉄(そうてつ)です。

梅雨です。ここ数日は南九州で大雨が降っています。川が氾濫し決壊したところもあります。

水害の防災・減災について調べてみました。日ごろからキャンプで防災スキル鍛えていれば難しいことではないですね。

まずは短期間で降る大雨に注意することですね。特に一時間あたりの降水量が20㎜を超える「強い雨」だと車のワイパーがきかなくなり、30㎜を超える「激しい雨」だと道が川のようになります。50㎜を超える「非常に激しい雨」と中小河川で氾濫する可能性が高くなる様です。今回の南九州で発生している80㎜を超える「猛烈な雨」だと大規模災害が発生する恐れが強いです。

強く長時間の雨で河の水位が上がりますね。主な河川ではライブカメラで確認出来ますよ。↓筑後川のライブカメラです。

水害とは例えばどんなもの?

土砂災害のハザードマップで住んでいる場所のリスクを知っておきましょう。長雨が続いて地鳴り音や土の捲れる匂い、水の濁りなど普段と違う様子があったら要注意です。

氾濫:雨などで河川の水位が上昇し堤防を越えて水があふれること。堤防が弱いと氾濫から決壊へつながる。また、内水氾濫もある。河川の水位上昇などで住宅地の排水ができず氾濫すること。雨水が下水管に入り込みトイレや浴槽から逆流することも)本流から支流へ逆流することもある。

決壊:ダムや堤防が切れて崩れること。あっという間に水位が上昇します。鉄砲水の原因でもある。

鉄砲水:短期間に水位が上昇する。堰を切ったように水位が上昇する。

山崩れ・地すべり:山の斜面の土砂が急激に移動する。大雪や大雨が原因になる。地震が原因になることがある。予兆は木か傾く、木の根が切れる音がする。地面に亀裂が発生する。地鳴りがするなど。

崖崩れ:急な斜面で突然発生する。斜面の2倍~3倍も離れても被災する恐れがある。予兆は斜面から水が吹いてくる。斜面から音がする。斜面から小石が落ちてくるなど。

土石流:山の山腹や土砂や岩を伴って一気に下流へ流れてくる。時速20~40㎞の高速で破壊力も大きい。沢沿いや下流は特に注意が必要。予兆は流れてくる水が濁ってくる。地鳴りがする。雨が降ってるのに濁流の水位が減少するです。

避難するタイミングについて 5段階

次に水害を避ける安全な避難のタイミングについて調べてみました。↓は官邸広報オンラインから

・避難レベル1 災害へ備える準備

今後、避難レベルが上がる可能性があります。避難する時に持っていくものを纏めておきましょう。車のガソリンは満タンに。天気情報、防災情報をテレビやネットでこまめに確認です。自分の住んでいる地域は盆地や川から近かったりしてると特に注意です。県や市町村でもネットで防災情報を発信しています。私は市町村と県と国のTwitterを登録しています。

床下浸水50㎝を超えると避難が困難になります。2階に避難しても3mを超えると2階でも危険です。ハザードマップで浸水予想は何mになっていますか?3m以上浸水だと2階建では命の危険レベルの被災をしますよ。

・避難レベル2 避難行動の確認

気象庁から「大雨注意報」「洪水注意報」が発表されます。ハザードマップなどで避難経路、タイミングの再確認しておきます。ハザードマップをネットで見ようとしてもアクセス集中で見れないことも。事前にダウンロードしておくことをお勧めします。

避難ルートでは地下街・アンダーパスは避けます!

・避難レベル3 高齢者や要介護者は避難を開始

市町村から「避難準備・高齢者避難開始情報」が発令された状態です。河の近くに住んでいるなら避難です。危険な場所から安全な場所へ避難を開始しましょう。明るい内の避難がお勧めです。夜間などは避難が大変になります。近隣同士で高齢者へ声をかけて避難開始です。空振りを恐れてはダメです。

高齢者は早めに避難することが周りの近所の方々、救助者(消防・警察含む)の二次被災するリスクが減らせます。

・避難レベル4 全員退避!

自治体(市町村)から「避難勧告」「(緊急)避難指示」が発令された段階です。全員速やかに避難です。橋が流されてる道路が冠水など指定避難箇所への移動がかえって危険な場合には、近隣の丈夫で2階以上ある建物へ垂直避難です。建物内でも崖がら離れた部屋、1階を避けて2階以上へ避難です!

冠水している道を歩いて避難は危険が潜んでいます。用水路や側溝の蓋が外れている場合もあります。足元が見えません。杖や棒で足元を確認しながらの避難となります。余り道路の脇ギリギリを歩くのは危険です。

・避難レベル5 命を守る最善の行動を!!

すでに崖崩れや氾濫などの災害が発生しています。この段階で避難は危険です。少しでも安全な所へ出来るだけ高い場所へ避難です。このレベルになる前に、レベル3やレベル4で避難しましょう。特に夜間での無理な避難は大変危険です。

避難時の持ち物

災害から避難するタイミングがわかりました。手ぶらで避難しても避難先で困ります。非常用持ち出し袋の準備はできていますか?1週間は生き残れる準備を。調べてみるとキャンプやっていれば持っている物ばっかりです。キャンプする人は道具を事前にまとめておきましょう。まだキャンプをやっていない人は防災訓練をかねてキャンプを始めては如何ですか。

・最低限必要なもの

貴重品(現金(小銭も)、預金通帳、印鑑、健康保険、年金手帳、母子手帳)、飲料品と食料品(カップ麺、缶詰、ビスケット、レトルト食品)、給水ポリタンク救急用品、懐中電灯(ヘッドライトは便利)、予備電池、携帯電話の充電器(避難所ではコンセントの取り合いになりますよ、ソーラー充電器が便利)、救急常備薬(絆創膏、消毒薬、病気持ちの方は数日分の処方薬・持病薬)、数日分の着替え(下着や靴下も)、タオル、冬なら毛布、レインコート、緊急連絡先生理用品(幼児はミルクや紙おむつ)、衛生用品(マスク、除菌シート歯磨きセット、水がいらないシャンプー、体拭きシート、簡易トイレ)、ハサミやナイフ、避難用品(ヘルメット、笛)

・可能であればもっていきたいもの

テント、寝袋、マット、保温シート、カセットコンロ・ボンベ、燃料、鍋類、テーブルと椅子キャンプ用品ばっかり

まとめ

今日は水害について調べてみました。今まで災害に合わなかったのは運が良かっただけかもしれません。ここ数年は日本中のどこかで災害が発生しています。100年に1度の水害が2~3年で発生して、10年に1度の災害が毎年発生しています。もしかして気候が変わったのかもしれませんね。

災害にあったときに慌てないで対応したいものです。それでは早鉄でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました