グリーンパーク尾瀬戸倉(スノーパーク尾瀬戸倉)で雨天連泊キャンプ①

お勧めキャンプ場・BBQ場
広告

こんにちはABCパパの早鉄です。

2泊3日でキャンプ場に来ています。今回はグリーンパーク尾瀬戸倉(スノーパーク尾瀬戸倉)です。ここは名前の通り冬にキャンプ場になりますよ。

そして想定外は梅雨明けしない長い雨ですね。予想では7月の20日頃には関東地方は梅雨明けしてるだろうと思ってましたが裏切られてしまいました。

いつもは雨キャンプでは付いて来ないAちゃん、Bちゃんも付いて来てくれましたね。結果からいえはC(shi)ちゃん4歳も来て良かったかな。次回は一緒にキャンプしたいですね。

いきなりテントに雨水浸水しました

今回は久々にトラブルが有りました。換気用のメッシュ窓から雨水が浸水。窓が開いてることに気がつかず気がつかずにシュラフ2つがビショビショになってしまいました。窓を開けた記憶が無いな〜もしかしてAちゃんかBちゃんが開けたのか?聞かなかったけど。

通常良く聞く浸水トラブルはキャンプサイト雨水のが川になってテントやタープ下に流れ込んでくるトラブルや、凹地にテントを張って浸水は良く聞きますね。今回は芝生で程よい凸部でしたのでこの心配はして無かったですが、窓から浸水は油断してました。

初日はシュラフが使えずに手持ちの着替えを総動員して防寒して寝る事になりましたね。油断しました。まぁ、夏なので20度弱なので問題はなかったですが春や秋だったらキツイ失敗でした。教訓としておきます。

化学繊維シュラフなので乾燥は早いですね。干しておいたら2日目は使えましたよ。

1日目の晩ご飯はパエリア作りました

Aちゃん、Bちゃんが来てくれたので食事が豪華になりました。ソロキャンだと肉焼いてお終いですからね。

今回は初日の夕食がパエリアと焼肉、2日目の朝食がワッフルとソロだと考えれない献立でした。しかも美味しかったですね。

キャンプでは手の込んだ料理を作るのも良いですね。パエリアのコツは水を入れ過ぎてオジヤになってしまう事と、強火で焦したりお米の芯が残ってしまう事ですかね。今回は上手く出来ましたよ。

キャンプ場の紹介

ここでキャンプ場の紹介です。グリーンパーク尾瀬戸倉キャンプ場は尾瀬にも近く、ホテル前から尾瀬(鳩待峠まで)に乗合バス・乗合タクシーが出ています。

尾瀬へのベースキャンプとして良い所です。そのためか規格がハイシーズンで10,000円(通常8,000円)とやや強気の金額設定です。※1区画車1台4名まで、1名追加ごとに2,000円追加

フリーサイトは繁忙期のみです。スキー場のゲレンデに設営します。金額はテント1,500と1人500円でした。規格に比べてて大分安いですね。ただ、傾斜が少ない所は限られてますよ。

住所:群馬県利根郡片品町戸倉329 ナビ検索ならスノーパーク尾瀬戸倉ですね。

そしてグリーンパーク尾瀬戸倉はスキー場だけあって標高は約1,100mと高原に有ります。夏キャンプには涼しくて良い場所だと思います。

営業期間は4月下旬〜11上旬の営業です。冬はこの辺にスキーでよく来ますが夏にスキー場へ来るのはあまり無い事ですね。

群馬県で夏キャンプで行くのは丸沼高原スキー場、嬬恋村のバラキ高原、水上の宝台樹キャンプ場も有ります。丸沼高原は標高1,500mあります。こちらも冬はスキー場になります。

暑い夏にキャンプするなら涼しい高原キャンプです。関東から行きやすい群馬県の高原キャンプはお勧めです。それに群馬県は川遊びなどアクティビティも豊富ですからね。

上手い画像撮れなかったですが周りはスキー場と湯治場(温泉)が多く有ります。

尾瀬高原ホテルでキャンプの受付をします。トイレもホテルのトイレを使用しますね。キャンプ場からトイレは少し遠いです。

区画サイトから見たスキー場です。広さは8.5m×13m

見えてるところがフリーサイトになります。スキー場のゲレンデです。

あの坂を車で(右から左へ)登ろうとしたのですが、傾斜と雨で芝が濡れてスリップして登れませんでした。四輪駆動車でないと雨降ってる時は登れませんね。

結局設営したのはリフト乗り場の隣です。他にも沢山の方がフリーサイト来てました。ただスキー場なだけあって傾斜が有りますね。

傾斜でテントを立てる時は工夫が必要です。ワンポールテントだとガイドロープを同じ様に貼るとテントが傾いてしまいますから山側はロープを短くしたりしましょう。ポールが傾くと変ですからね。

テーブルも傾斜があると物が倒れるので不便です。なるべく傾斜が無い所に設営した方が良いのですが、どうしても場所がない時はスコップなどで地面を整地します。

寝る時は山側に頭を向けて寝ます。傾斜に横向きに寝ると寝返りするたびに谷側に転がってしまいますよ。

アクセスと近隣情報

関越自動車道の沼田インターから36Km約50分掛かります。目安としてさいたま市からだと170Km2時間半ぐらいですかね。尾瀬に行く人達が多いので周りに民宿が多いです。

近隣情報:お風呂は尾瀬高原ホテルのお風呂を使う事が出来ます。規格サイトの人は無料、フリーサイトの方は1人500円になります。温泉でしたら沼田インターまで何箇所も有りますので、キャンプ帰りに温泉に寄ることをお勧めします。

近隣情報(スーパー、ホームセンター):沼田インターからキャンプ場までの間にスーパー(ベイシア)、ホームセンター(カインズホーム)、ダイソー、マツモトキヨシが固まっている小さなショッピングモールが有りますのでここで買い物していく事をお勧めします。あとはコンビニぐらいしか無いですよ。

今日は繁忙期限定のグリーンパーク尾瀬戸倉(スノーパーク尾瀬戸倉)で雨天連泊キャンプ①でした。明日に続きます。それではまた明日〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました