日光東照宮にお詣りして来ました

未分類
広告

こんにちは。ABCパパの早鉄(そうてつ)です。

先日、奥日光湯元キャンプ場にキャンプしてきましたが帰りに日光東照宮にお詣りしてきましたのでご報告です。

日光東照宮

住所:栃木県日光市山内2301

言わずと知れた徳川家康の墓所

江戸幕府の初代将軍である徳川家康公を祀ってある神社ですね。徳川家康公の墓所が有ります。徳川家康の相談役でもある天海大僧正(てんかいだいしょうじょう)から日光の事を聞いていた家康公の遺言により日光に決まったとか。

京都旅行もよく行きますか、江戸時代初期の桃山文化の鮮やかな建築物や装飾は必見ですね。

前回来た時は平成の大改修(平成25年6月〜平成31年3月)で眠り猫が隠れてて見れませんでした。

他にも壁画とかが色褪せていたのを覚えています。三猿はどうなったのかな。あとは陽明門も見どころですね。

五重塔

杉の巨木の中五重塔は存在感が有りますね。

三猿

神厩舎(馬小屋)有名な三猿です。子猿が生まれてから結婚出産までを8枚の浮彫彫刻にしてありますがそのうちの一枚です。幼少期は余計な事を聞かない、言わない、見ない事が健全に育つ上で大事だと言われています。

残りも含蓄を含んだ彫刻になってますので来た際には確認下さい。

陽明門

石鳥居から陽明門、そして本殿まで見えるポイントがあります。江戸時代当時の身長130cmで計算されて作られてます。

陽明門はひぐらし門とも呼ばれていたとの事。あまりにも色彩が鮮やかで朝から日暮れまで見ていられるって事ですね。

沢山の彫刻が施してあります。すごく人が多いですね。人が写真に写りそうなのであまり撮ってません。是非現物を見て下さいね。

有名なのは陽明門の坂柱ですね。陰陽道では完成は衰退の始まりとされる為に、あえて柱を1本逆につけて完成されてないのです。

眠り猫

眠っている猫の裏では雀が二羽遊んでいます。「猫も寝るほど平和とか」「持っている力を無駄な暴力に使わない」などの意味があるとの事です。

唐門

国宝唐門です。大名や将軍に謁見出来る身分しか通る事が許されていない門です。

回廊の彫刻も鮮やかですね。以前、大改修前は色褪せてた記憶があります。大改修で綺麗になってます。

本殿内は写真禁止です。

奥社宝塔

奥社宝塔です。徳川家康公のお墓です。

3代将軍家光の時代に大改修が行われて今の東照宮になった様です。

宝塔も家康公が亡くなった当時は木製でしたが、その後の改修で石造になり、その後の地震で損傷してからは銅合金製になったようですね。

まとめ

今回は中禅寺湖の帰りにお詣りしてきました。キャンプは旅行・観光とも相性が良いので行った土地での名所廻りするのも良いですね。

おまけ

日光東照宮の標高は634mある様です。東京スカイツリーと同じですね。

それではABCパパの早鉄でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました