キャンプ初心者へ、複合技でのキャンプ場の探し

お勧めキャンプ場・BBQ場
広告

ABCパパの早鉄(そうてつ)です。

今日はキャンプ場の探し方についてです。初心者はキャンプに行きたいと思ってもどこが良いかなかなか判断できないですね。

知り合いについていく・知り合いに教えてもらう

これからキャンプを始める人は無理をせずに、最初は経験者と一緒に行くのがトラブルも少なくて良いのではないでしょうか。

難易度が少ないキャンプ場を探してもらえると思います。失敗が少ないので最初は経験者と一緒にキャンプするのは良いと思います。

2回目・3回目からはソロキャンプにチャレンジですね。

地元で探す

自治体案件などは地元で探すと良いです。もし居住している市町村にキャンプ場があれば格安で泊まれます。予約する手間は面倒だったりしますがね。

本・雑誌で探す

これも多いのではないのでしょうか。

毎回同じキャンプ場も良いですが、季節によって夏は高山や海岸近くのキャンプ場を秋は美味しい産地の近くでキャンプを楽しむのも良いですね。

電話番号やネットアドレスなどの予約連絡先からサイト図や写真も載ってます。設備の一覧表も有ったりして設備面からキャンプ場を探すのには良いです。

初心者が高規格のキャンプ場を探すには良いと思います。有名高規格キャンプ場によっては3~4か月よりも前に予約が埋まってしますこともありますがね。

弱点としては情報量は雑誌の1ページなどに限られることが多いのでどうしても情報が不足してしまうことがありますね。たとえは子ども用の遊具が有るかどうかまでは載っていなかったりします。この辺はブログなどの口コミの方が強いです。

他に弱点があります。雑誌に載っているのは高規格キャンプ場ばっかりで低規格・自治体案件は記載していないことが多いですね。穴場的キャンプ場はほぼ無いですね。高難度キャンプ場へ行きたい場合は他の方法でキャンプ場を探した方が良いです。

 

 インターネットで探す

今の時代はネットで探せるので便利ですね。

「なっぷ」や「キャンプ場ドットコム」などキャンプ場予約サイトでキャンプ場を探す人は多いですね。金額やフリーサイトなどの設備からソートできますし便利です。

冬はAC電源付きサイトが良い、温泉が近いキャンプ場が良いなど設備はアイコンで選べますが、なかなか詳細までは載っていいないことがあります。

不足した情報はYouTubeやブログで詳細を知らべる必要が有りますね。

口コミ情報だと清潔感や使いがってなどの生情報は貴重です。

地図で探す

地図でも良いしグーグルマップでも良いですね。大まかな行きたい場所でキャンプ場検索すると検索結果が出てきます。

自宅から100㎞以内で探す、自宅から1時間以内で探すなど方法があります。夏なら標高が高い場所で探すなどもお勧めです。

いちご狩り・ぶどう狩りなどのイベントがあればその近くのキャンプ場を探すのも地図から探すの使い方ですね。私は温泉地とセットでキャンプ場を探したりします。

地図でキャンプ場を探す方法にも問題があります。ただキャンプ場などの場所が分かるだけで他の情報は全くわかりませんね。昔はキャンプ場だったけど今わやってにないキャンプ場とかもあります。場所によってはリンク伝いにWEBサイトに繋がります。

足で探す

地図で探すとも一緒かもしれないですが、キャンプ場でなくても野営場所や車中泊場所を探す方法ですね。この辺はまた別の記事で。

まとめ

今日は初心者が戸惑ってしまうキャンプ場の探し方でした。

キャンプ情報探す方法はいろいろ有ります。一つだけでなく複数の方法を合わせて探すのが良いですね。地図で大まかな距離から複数のキャンプ場を選んでYouTubeやブログで雰囲気を調べるなどです。

地図だけだとオートサイトだと思っていたけど駐車場から宿泊場所まで離れていて荷物の運搬が大変だったってことも有りますね。他には雑誌では設備がきれいに映っていたけど、実際行ってみるとボロボロだった清掃がされていなかったなども有ります。

こういろいろな探し方があるとキャンプ場を探すのが楽しくなってきますね。ぜひ楽しいキャンプ場を見つけてくださいね。

ABCパパの早鉄でした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました